サッカーワールドカップ、ロシアと日本の時差は?試合日程や放送時間をチェック!

サッカー
スポンサーリンク

4年に1度のサッカーの祭典「ワールドカップ」がいよいよ開催されます!直前で監督交代などいろいろありますが、日本代表の戦いはどうなるでしょうか・・・?!

今回のワールドカップ開催地は「ロシア」、大きい国だし日本から遠いですので「時差」が気になりますね。

「ロシアと日本の時差って何時間なの?」「日本の試合って何時から?」という方へ、ロシアの時差を中心に日本代表の試合日程などチェックしてみましょう。

サッカー・ロシアワールドカップ(W杯)概要

■ 全体スケジュール:2018年6月14日(開幕)~7月15日(決勝戦)

《開催場所》:11都市(モスクワ、サンクトペテルブルク、カリーニングラード、ニシニ・ノヴゴロド、カザン、サマーラ、ヴォルゴグラード、ロストフ・ナ・ドヌ、ソチ、エカテリンブルク、サランスク

日本とロシアの時差って何時間なの?

ロシアは広大な地域にまたがり、国内でも10時間程度の時差があるそうです。今回のワールドカップが開催される地域を見ると、日本との時差は「6時間」程度の地域が多くなっています。

カリーニングラード:7時間
サンクトペテルブルク:6時間
モスクワ:6時間
ソチ:6時間
ロストフナ・ドヌ:6時間
ニシニ・ノヴゴロド:6時間
◎サランスク:6時間
◎ヴォルゴグラード:6時間
カザン:6時間
サマーラ:5時間
◎エカテリンブルク:4時間

一番時差が少ないエカテリンブルクで4時間、時差の大きいカリーニングラードで7時間、ほかの都市はだいたい6時間が日本との時差となります。

このうち、予選で日本が試合を行う場所との時差は・・・

サランスク:6時間
エカテリンブルク:4時間
ヴォルゴグラード:6時間

という時差になっています。

ブラジル大会のときほど時差は大きくありませんね。
 

スポンサーリンク

日本戦の日程・スケジュール(日時)

それでは、日本代表の試合日程を詳しくみていきましょう。

1)第1戦・コロンビア戦
試合開始(日本時間):6月19(火)21:00
場所:サランスク(モルドヴィア・アリーナ)

2)第2戦・セネガル戦
試合開始(日本時間):6月25(月)0:00~試合開始
場所:エカテリンブルク(エカテリンブルク・アリーナ)

3)第3戦・ポーランド戦
試合開始(日本時間):6月28(木)23:00~試合開始
場所:ヴォルゴグラード(ヴォルゴグラード・アリーナ)

やはり注目は第1戦目のコロンビア戦でしょうか。グループリーグ(予選)を突破して、決勝トーナメント進出なるかの大事な試合になるでしょう。

試合時間も日本時間で21時からとテレビ観戦するには絶好の条件になっています。日本中が注目すること、間違いなしですね。

日本戦のテレビの放送予定

それでは、日本代表の予選での3試合のテレビ放送予定をチェックしましょう。

1)第1戦・コロンビア戦
日本時間:6月19(火)21:00~試合開始
放送局:NHK

平日の火曜日ですが、日本時間で21:00~(午後9時)キックオフとなります。
これなら社会人の方も仕事終わって家でゆっくり観戦できそうですね。

2)第2戦・セネガル戦
日本時間:6月25(月)0:00~試合開始
放送局:NHKと日本テレビ

2戦目は夜12時からとちょと遅い時間帯になります。試合終了は午前2時過ぎでしょうか。月曜日ですからね…夜更かしはちょっとキツイですね。。前半だけ観よう、なんて方も多いかもしれませんね。

3)第3戦・ポーランド戦
日本時間:6月28(木)23:00~試合開始
放送局:フジテレビ

大事な第3戦は木曜日の夜11時から。普段早寝の人は眠い目をガマンして応援しましょう!