ビタミンBを豊富に含む食品とは?ビタミンの効果、不足したら?

栄養

健康になるために必要なだけでなく、ダイエットや美容にも欠かせない「ビタミンB」。健康に気を使っている人はもちろん、美容にも重要は役割を果たす栄養素です。

今回は、そんなビタミンBを多く含む食品をいろいろご紹介したいと思います。



ビタミンB、不足したらどうなる?

まず、ビタミンBは美容にも重要な栄養素というお話をしましたが、このビタミンが不足するとどうなるか?影響と対策について説明します。

一言でビタミンBと言っても、ビタミンB1、B2、B6、B12などたくさんの種類があることを知っていますか。
それぞれ効果も違いますし、入っている食品も違っています。

簡単にそれぞれについて説明しようと思います。

ビタミンB1

ビタミンB1は体の代謝に関わるビタミンです。人間は脳や体を動かすためにエネルギーが必要ですよね。そのエネルギーを作ることに関わるビタミンです。

不足してしまうと、脳や神経などにエネルギーが行かなくなってイライラしてしまったり、体のだるさや疲れが取れないなどの症状が出ることがあります。

何にもしていないのに、なんだか最近疲れが取れずにだるい、眠たいなどの症状が出ている人はもしかするとビタミンB1不足かもしれませんよ。

食品としては豚肉や玄米などに多く含まれています。

ビタミンB2

ビタミンB2は人間が生きていくうえで欠かせないビタミンです。体の中のいろいろな反応にはこのビタミンB2が関わっているといわれています。

不足してしまうと、よく起こるのが口内炎や口角炎などの皮膚症状です。肌荒れや眼の充血なども起こるので美容にはとても大事なビタミンと言えますね。

食品としてはレバーや、卵、牛乳や納豆に多く含まれています。

ビタミンB6

ビタミンB6は食事に含まれるたんぱく質をエネルギーに変えたりするために必要なビタミンです。皮膚や粘膜、髪の毛が歯などを作るときにも必要となるビタミンです。そのため不足すると肌のトラブル、例えば湿疹などが起こったり、口角炎などの症状が現れることがあります。

またホルモンのバランスにも関わっているため、不足してしまうとイライラしたりすることもあるそうです。

食品としては割といろんな食品に含まれているビタミンです。特に多く含むのがマグロやかつお、レバーがあります。



ビタミンB12

ビタミンB12は血液の中の赤血球を作るときに必要なビタミンです。不足してしまうと、うまく赤血球が作られなくなるため貧血が起こります。

この貧血は通常の貧血よりも治りにくい悪性貧血と言われています。慢性的な疲れや動機、息切れ、また神経異常やうつ病などを引き起こす可能性もあります。

食品としては、魚介類やレバーに多く含まれますが、かなりの偏食をしない限り不足することはないと言われています。

ビタミンB12は胃から分泌されるたんぱく質がないと体に吸収されません。そのため、胃を手術などで取ってしまっている人は欠乏症が起こります。

また、高齢者も吸収する力が弱ってくるので欠乏症になりやすいと言われています。

過剰摂取は禁物!ビタミンBを摂りすぎたら?


いくらカラダに良いといっても、多量に摂りすぎると悪影響が出る場合もあります。

ビタミンBは水溶性のビタミンと言われています。

よく栄養ドリンクやサプリメントを飲むとおしっこが黄色くなったりなんとなくビタミン臭いということになった経験ありませんか?これは過剰に体の中に入ったビタミンBがおしっこの中に溶けて出てしまっている状態です。

つまり、ビタミンBはほとんどが過剰摂取になることはないと言われています。余剰分は体から出てしまったりすることが多いからです。

とはいってもたくさん摂りたいといってサプリメントを摂りすぎたりすると体内に蓄積されてしまう可能性もあります。

通常の量を守って飲んだりすれば過剰になることはまずありませんので、安心してくださいね。

まとめ

いかがでしたか。ビタミンBは健康、美容には欠かせないビタミンということがわかったでしょうか。

食品にもたくさん含まれていますので、バランスのよい食事に気をつければしっかりビタミンBを摂取することができると思いますよ。

蒸したり煮たりと調理方法も工夫することでさらに吸収力がアップすることもありますので、ぜひ試してみてくださいね。
サプリメントにも多く含まれていますので、正しい量を守って上手に活用してみてくださいね。