凧あげの作り方は簡単だった!ビニールでもできる作り方がコチラ。

趣味・レジャー
スポンサーリンク

今でも幼稚園や小学校で作られている凧。
昔ながらの伝統的な遊びに、思わず張り切ってしまうお父さんやお母さんも多いのでは?

お子さんと一緒に遊べますし、大人になってから凧の魅力に気づくこともあるようです。
新しいタイプの凧をあげてみたい!となるのは不思議なことではありませんね。

そこで、自分でできる凧あげの作り方をご紹介します。
画用紙やコピー用紙、ビニールで作る方法をそれぞれ解説します!

凧あげの作り方はとても簡単です!

まずは、簡単にでもいいので画用紙に凧の絵を描いてみましょう。

それと、用意する道具として八つ切り画用紙・紙テープ(これは凧の下につく紙です)タコ糸です。
必要に応じてハサミやセロハンテープを使います。

作り方は実に簡単です!

まず画用紙を半分に折り、折り目の上部から10センチのところに穴を開けます。
穴は一つでOK。

あとは表から裏に紐を通し、裏で結び目を作ってテープで固定。
下の部分に紙テープを付けたらできあがり!

ごくごくカンタンで単純ですが
作る時の工夫でいろんな楽しみ方ができちゃいます。

コピー用紙で完成、超簡単な凧

次はコピー用紙でもできる更に超カンタンでよく上がる凧です。

用意するものはA4コピー用紙・ストロー1本・タコ糸と紙テープ。
画用紙の場合と大体同じです。

こちらも必要に応じてハサミやテープを使います。

まずはコピー用紙を半分に折り、折り目の部分を更に2センチ折ります。
開くと本のようになっている状態です。

折ったところをのり付けしてくっつけます。
見ると紙飛行機みたいになっています。

本の見開きになっている方の上の部分にストローを付けます。
左右と中央をテープで固定しましょう。

そうしたら紙飛行機の手持ちの部分にあたる場所の、上から3分の1の部分にテープをはります。

このテープの上から穴を開け、タコ糸を通しましょう。
テープは穴の部分が破けにくくなるためです。

最後に穴に糸を付け、紙テープで足を付けたらできあがり!
糸は輪っかにしておくと凧をあげるときに揚げやすいし、持って歩く時も手間になりませんよ。



凧あげの作り方・ビニール袋でもOKです!

ビニール袋といっても多数ありますが、
ここではレジ袋やゴミ袋を使って凧を作ってみましょう!

レジ袋(ビニール袋なら何でも)・ストロー4本・タコ糸
これだけの材料で作れます。

まずビニール袋をダイヤモンドの様に切ります。
大体六角形のような形です。

ストローを2本縦にくっつけて中心の骨にします。
1本の先を少し切ってテープで固定すると強い骨になります。

これを2本作ったら一番上と下にあわせて凧の本体にくっつけます。
平行になるように付けますよ。

タコ糸の糸をある程度とって凧の両端に糸をつけます。
この糸の真ん中に残りの糸を貼ります。

最後にしっぽを付けたらできあがりです。

凧あげの手順・注意点など


凧あげをするときは、天気のよく風が少しある日を選びます。
少し風がある状況だと凧が上がりやすくなります。

1人が凧を持ちもうひとりが糸を持って走ります。
少しずつ糸を伸ばしましょう。

凧を上げる時は絶対に広い場所で遊びます。
電線があると凧が引っかかる危険がありますし、
広くなければ走って凧を風に乗せることができないからです。

糸の太さに注意

使う糸はタコ糸以外でも凧を作ることができます。

しかしあまり細い糸だとあげた時の力で思わぬ怪我になります。
太目の糸がおすすめですよ。

インターネットで様々な凧を紹介しています

凧を作ったのはあまりに前……。作り方を忘れてしまったという人へ。
凧はポイントがわかっていれば、簡単にかつ本格的に作ることができてしまうのです!

現在はインターネットでも本格的な凧も簡単な凧も作り方がわかる時代。

例えば、日本の凧の会大阪のサイトでは初心者が飛ばすのに向いている「こま凧」の作り方が掲載されています

他にも高く飛ぶ凧やよく飛ぶ凧・立体凧など、いろいろ作ってみるのも楽しいかも知れませんね!

まとめ

お店で売っているビニール製の凧もいいですが、お正月など手作りの凧で遊ぶのもまた別の楽しさがあります。

ここでは、凧あげに使う簡単な凧の作り方ビニールで出来る凧の作り方をまとめてご紹介しました。
ぜひ、親子で凧作りに挑戦してみてくださいね!