体育の日の由来に新事実?!実はあの歴史的行事が関わっていた!

10月初旬の3連休は、旅行の計画を立てる人が多いと思います。

3連休ですと、国内にしても遠方へ行けるだけの時間がありますね。仲良しグループや恋人、家族との旅行にうきうきしている人もいるのではないでしょうか。

しかし、気になるのが体育の日の存在ですよね。

子どもの頃は運動に親しんでいても、大人になるとスポーツに触れる機会がない人も多いだろうと思います。それ故に、実はあまり体育の日の由来は知られていません。

他の祝日に比べると、少し存在感が薄いのが原因かもしれませんね…。

体育の日は10月の第2月曜日と決められていますが、なぜ休日なのかご存知ですか?

この記事では、「体育の日の由来」についてご紹介させていただきます。体育の日がなぜ祝日なのか?と疑問に思っているあなたはぜひ最後までお読みください。

10月10日は体育の日!この日付にこそ意味があった

そもそもなぜ体育の日は祝日に制定されているのでしょうか?この体育の日の由来について探っていきます。

現在、体育の日は10月の第2月曜日と定められていますが、1999年までは10月10日が体育の日とされていました。

実は、10月10日は1964年に開催された東京オリンピックの開会式が行われた日です。

体育の日は、オリンピックの開催に記念し、国民がスポーツや体育に親しみ、更なる振興を目的として1966年に制定されました。

東京オリンピックの開催がきっかけで、10月10日が体育の日になったということですね!

小中学校の運動会も、9月〜10月にかけて行われることが多いです。

体育の日の影響で、スポーツが盛んに行われる季節でもあります。 時期的にも暑さが和らいでいるので、運動に適していますね。

余談ですが、社会人のみなさんには、貴重な3連休としてどこかへ旅行に行くのに好都合な祝日だと思います。体育の日の由来を知っておくことで、旅行中の話のネタにもなりそうですね。

体育の日と東京オリンピックのつながり

体育の日の由来については、上記でご紹介させていただきました。

初回の東京オリンピックが由来になっていますが、2020年には2回目の東京オリンピックが開催されます。

2回目の東京大会ということで、当時を知る人も若い世代の人も、楽しみだと感じているのではないでしょうか。

そんな東京オリンピックですが、通常の夏季オリンピックよりも遅い時期に開催されています。

それは、1964年10月10日が「晴れの特異日」と言われていたからです。

高確率で晴天に恵まれる日だとされていたため、東京オリンピックの開会式に選ばれたのです。

もし別の日が開会式に選ばれていたら、体育の日も違っていたかもしれませんね。

2020年東京五輪でどうなる?

もうすぐ楽しみな2回目のオリンピックが東京にやって来る!2020年の東京オリンピックの開会式は7月24日です。
政府では、この年の体育の日を7月24日にずらす案も出ています。

そうなると、10月の3連休が無くなってしまうのか疑問もありますが、東京オリンピックでムードも高まっているのであんまり気にならないかもしれませんね。

筆者も、東京オリンピックはとても心待ちにしています!オリンピックで街のムードも高まりますし、日本の選手の活躍にも期待しています。2年後が楽しみですね!

まとめ

この記事では、体育の日の由来についてご紹介させていただきました。いかがでしたか?

この記事の要点は、

1.体育の日が10月10日に制定されたのは、東京オリンピックの開会式を記念して国民のスポーツ振興を高めるため。

2.体育の日は東京オリンピックの開催にちなんで制定された。また、2020年の東京大会に向けて、その年の体育の日を開会式の日付にずらす案が出ている。

以上2点です。

現在では3連休としての意味合いが強い体育の日ですが、元々は東京オリンピックに記念して制定されたのです。

また、2回目の東京オリンピックに向けて、国民のスポーツ振興がますます高まっています。普段運動をしない人でも、これを機会にスポーツに触れてみることも良いでしょう。