体育祭のスローガン、四字熟語がかっこいい!例10選はコチラ。

行事
スポンサーリンク

幼い頃に行った体育祭や運動会の思い出は皆さん覚えていますか?

私自身最後に行った体育祭は10年以上も前になるので、思い出すのにもなかなか思い出せないくらいになってしまいますがどれも楽しい思い出です。

さて、自身の思い出はさておき我が子も今年初の運動会を迎えるのですが、運動会ってタイトルと言いますか目標のようなものがありませんでしたか?

幼稚園などでは先生が考えているものだと思いますが、小学生になると運動会に向けてスローガンの募集を全校生徒に募っていたと思います。

体育祭のスローガンってどんなの?

「スローガンっていってもどのような内容にしたらいいのだろう…。」
「恥ずかしいネーミングで皆に笑われたくないしなぁ。」
「アイデアがなかなか思いつかない!」なんてこと皆さんありませんでしたか?

これからオススメのスローガンを10個紹介しますので参考にと思います。

体育祭のスローガンを考えるなら

まず、スローガンを決めるには運動会や体育祭の目標を決めて、その目標にあったスローガンを考えていくのが一番考えやすいかと思います。

「一位団結」といった言葉や、絆・仲間・優勝などの言葉を入れてみるのもいいかもしれませんね。

また、スローガンを決めるときに四文字熟語や単語の羅列、五七五のようなフレーズにする場合もあります。クラス内で良い単語やフレーズを選んだものを組み合わせて考える場合も多いようですね。

今回は四文字熟語ではなく、単語の羅列のものと五七五のものをご紹介していきます。

・燃え上がれ!3つの星の大決戦
・優勝への鍵へと飛び掛かり、7連覇の扉を開け放て
・いさみよ!青組の新時代
・立ち上がれ黄組!龍生の如く新たな伝説を築き上げろ!
・つかみとれ!光り輝く優勝旗 それはみんなの努力の証
・勝利への鍵・・・それは仲間との絆
・最後まであきらめない心
・全力パワーでゴールを目指せ
・心をひとつに 目いっぱいがんばろう
・走りぬけ 勝利に向かって最後まで

このようないくつかの単語の羅列のものと五七五のようなスローガンも多いですよね。

こちらは下記サイトからご覧になることが出来ます!
http://www.familys-talk.com/undoukai-4-7689

スポンサーリンク

キャッチーで分かりやすいものばかりなのでスローガンにはもってこいですね。

体育祭スローガン、四字熟語が人気!


さて、上記では10単語の羅列や五七五でできたスローガンを紹介してきました。

言葉のセンスを発揮できますし、スローガン自体が文章のようなので口に出して覚えやすいかと思います。

次に紹介するのは四文字熟語を使ったスローガンです。

単語や五七五とは違い、漢字4文字で表すということで少し難しくはなりますが力強くてスローガンを文字としてみたときにとてもかっこよく仕上がります。

ここではオススメのものを10個紹介していきたいと思います。

雲外蒼天 ( うんがいそうてん )
困難を乗り越え、努力して克服すれば快い青空が望めるという意味。

不撓不屈 ( ふとうふくつ )
どんな困難に出会ってもけっして心がくじけないこと。

改過自新 ( かいかじしん )
自分のミスは素直に認め面目を一新すること。

百花繚乱 ( ひゃっかりょうらん )
種々の花が咲きみだれるように、優れた人物や業績が一時にたくさん現れること。

迅速果断 ( じんそくかだん )
物事をすばやく決断し、実行すること。思いきりがよく決行にすばやい。

一日一生 ( いちにちいっしょう )
一日は一生の短縮版であり、一生は一日の積み重ねでしかないのだから、一日を大切に生きることが一生を大切に生きることにつながる。

行雲流水 ( こううんりゅうすい )
空行く雲や流れる水のように、一事に執着せず、自然にまかせて行動すること。

疾風迅雷 ( しっぷうじんらい )
非常にはやい風と激しい雷。行動がすばやく激しいこと。

広壮豪宕 ( こうそうごうとう )
意気盛んで小さなことにこだわらず、思うままにふるまうこと。

明鏡止水 ( めいきょうしすい )
一点の曇りもない鏡や静止している水のように、よこしまな心がなく明るく澄みきった心境を指す。

どれも漢字一文字一文字が意味あいを持ったものなので力強いスローガンに見えますね。日本人ならではのスローガンでとても素敵だと思います。

体育祭スローガンの例)士気が上がるのは?

続きまして、体育祭や運動会で実際に使われたスローガンをご紹介しましょう。ここまでいくつかの素敵なスローガンを紹介してきましたが、皆さんはどのようなスローガンで士気が上がるのでしょうか?

私自身が調べたところ、「頑張ろう」や「みんなで一つに」といった優しい言葉よりも、命令形の前向きで力強い言葉で士気が上がるという意見が多数ありました。

「勝ち取れ」「掴め」「輝け」のような力強い言葉を使ってスローガンを作ると、子供たちも頑張らなくては!と感じて力を発揮できるのではないかと思います。