老眼鏡は度数チェックを!測定と調整が大切ですよ。

エイジング
スポンサーリンク

最近、新聞の字が読みにくくなった、スマホを離してじゃないと見れないなどという症状が出てきた方いませんか。

老眼かしら?でも老眼鏡なんてかけたくない!という人も多いことでしょう。

今回は老眼かも?と思ったらまずはどうしたらいいのか、どこに行けばいいのかなどをお話したいと思います。

老眼鏡の度数測定はメガネ屋?それとも眼科?

老眼のイメージって新聞を離して読んでいる人じゃないでしょうか?!

確かに老眼の代表的な症状としては、ピントが合わない、近くのものが見えにくくなったというものでしょう。実は他にもあるんですよ。

例えば、明るい所ではよく見えても薄暗くなると見えにくくなったりすることや、小さな文字が見えにくくなった、頭痛や吐き気など。目の衰えを感じたらすぐに対処しましょう。

老眼になる理由を考えると・・・

老眼は、年令とともに誰にでも起こることです。

歳をとると目の周りの筋肉などが衰えます。そのためピントが合わなくなってきたりするのです。最近ではパソコンやスマホの普及によって、若い人でも老眼になる人が増えてきているそうですよ。

老眼を感じ始めたら、やはり老眼鏡を使うのが便利になります。でも、老眼鏡をかけると老眼がすすむと思っている人、いませんか?

そう思っている人が結構多くいますがそれは真っ赤なウソ。老眼は老眼鏡をかけていてもかけていなくてもすすむものです。

それならば目をすぼめなくても新聞や本が読める老眼鏡が快適ですよね。

老眼鏡の度数をセルフチェックする方法

老眼の度数はまずはセルフチェックしてみましょう。指先だけで近点チェックすることができますので簡単ですよ。

これくらいは我慢できる、老眼鏡はちょっと…と思っているあなた。今は老眼鏡もかなりオシャレになってきています。はたからみると老眼鏡とは分からないほどです。

メガネ屋さんで簡単に購入することが出来ますのでこの機会にぜひ立ち寄ってみてはいかがですか。

最近は大型ショッピングモールなどには必ずメガネ屋さんが入っていますよね。気兼ねなく入れますし、すぐに作ってもらえますのでとても便利だと思います。しかもお値段も安いです。

スポンサーリンク

メガネは高額というイメージがあると思いますが、今はリーズナブルに手に入る時代です。お気に入りの1本を探してみてはいかがですか。

100円ショップの老眼鏡は?

簡単に手に入るといえば、老眼鏡は100円ショップでも売っている時代です。

ただあまりおすすめはしません。あまり細かく度が調節されていませんし、本当に自分に度が合っているのかどうかを確かめるすべがありませんよね。度の合わないメガネを使い続けていると眼にかなりの負担がかかります。やはりしっかりしたお店で作ってもらうことをオススメしますよ。

老眼鏡の度数が合わないときは調整を!

なんだか老眼鏡の度数が合わなくなってきたなぁと感じたら、らすぐにメガネの調整をすることをおすすめします。

見え方が合わないまま老眼鏡を使い続けると、目にかなり負担がかかってしまい余計に視力が低下してしまう可能性があります。
また頭痛や肩こり、吐き気などにもつながりますので本当に悪いことばかりです。

メガネ屋さんで作ったのなら、すぐにみてもらえますので足を運んでくださいね。

それでも調子が悪い、ピントが合わないという人はもしかしたら違う病気かもしれませんので、眼科さんへ行くことをオススメします。

もちろん眼科さんでも老眼チェックはしてもらえますので、かかりつけのお医者さんがあるのであればそちらで度数をチェックしてもらって老眼鏡を作るという方法もありますよ。

まとめ

老眼鏡の度数について、いかがでしたか。

一定の年齢になれば、老眼は誰にでも起こりうる症状です。今の時代、コンタクトでも老眼を矯正できます。

老眼は恥ずかしいと思わずに上手に付き合っていけるといいですね。