冷蔵庫が半開きに!電気代ってどうなる?防止するナイスアイデア

キッチン
スポンサーリンク

冷蔵庫から飲み物をとりだそうとした時に、何故か半開きになっていたことを発見で焦った!なんてことありませんか?

キチンと閉めないのは誰?!とついイラッとすると同時に電気代はいくらになるのか、急に不安になることも。

半開き状態の冷蔵庫はいろんな心配があります。どんな心配がでてくるのか、ちょっとみてみましょう。

冷蔵庫が半開きで電気代を心配する前に、中の食品をチェックしよう

半開きの状態のままの冷蔵庫を発見!今月の電気代ピンチ!と、思うその前に、冷蔵庫の中身をチェックしないといけません。

冷蔵庫の冷蔵室の温度は4度前後です。しかし、半開きの状態となると温度を保つことはできず、どんどん上昇していきます。真冬で暖房の無い状態であるなら、話は別ですが、夏場ともなると、10秒で1度上昇といわれています。

つまり、10分と立たずに、生ものが腐る状況が出来上がってしまうのです。

もし半開きになっていたら

半開き状態を確認したら、まず、庫内のものを全て取り出しましょう。

もったいない話ですが、肉や魚、乳製品など生ものは思い切って捨てることが大切です。もったいないからと火を通しても、一度腐ってしまったものは、食中毒の原因にしかなりません。冷凍食品の場合も、一度解凍したものを再び凍らせると腐敗の原因にもなりかねません。

全ての食品をチェックしたら、庫内の清掃をしましょう。まずは、水滴を布などでふきとりましょう。霜が残っている場合は、無理に削り取ると冷蔵庫を痛めてしまうので、一度溶かしてからふき取ると良いです。

下や水滴をそのままにしておくと、コンプレッサー部分に異常が起こり、冷却効率が悪くなり冷蔵庫自体の故障にもなりかねます。もちろん、電気代も高額になってしまいます。

もし、電気代が最近高くなった、いつもより著しく高額になっている場合も、冷蔵庫内の故障を疑いましょう。

ちなみに1日中、開けっ放しにしてしまったとしても、その日の電気代は500円以下。なので、電気代の心配よりも、食材の心配を先にしましょう。

スポンサーリンク

冷蔵庫の半開きを防止する方法とは?

ふとしたミスでやってしまう半開き状態を防止するよい方法とは?

扉のパッキンが老朽化していないか?

まずは一度、冷蔵庫の扉のパッキンを確認してみましょう。

きちんと扉をしめたつもりでも、パッキンが痛んでいては確実に扉をしめることができません。もし、半開きの原因がパッキンならば早急に交換しましょう。

パッキンが原因でない場合は、冷蔵庫を使用する一人一人が気をつけるしかありません。

そこで、役に立つのが音やアラームで知らせてくれる便利グッズです。冷蔵庫が開けっ放しだとセンサーが感知し、音で知らせてくれるため防止策に役立ちます。

便利グッズを活用する

現在販売されている人気商品を2つご紹介しましょう。

1.Fridgeezooシリーズ

ペンギンや白熊などのかわいい動物達が、冷蔵庫を開けたとたんしゃべりだし、言葉で半開き状態であることを教えてくれます。その姿がとても可愛いと大好評の商品です。

冷蔵庫の光センターに反応するので、開けた瞬間から話しかけてくれますよ。

2.ドア・窓チャイム

冷蔵庫の扉を開けるとマグネットセンサーが感知し、受信機が光とチャイム音でおしえてくれます。冷蔵庫専用ではなく、玄関や窓にも利用できる商品です。チャイム音は16種から選べるので、気分や時間に合わせて選ぶのも良いですね。ワイヤレスなので、どこにでも取り付ける事ができます。

この2つは外付けタイプなので、気軽に購入できますね。もし、冷蔵庫の新規購入を検討されているならば、閉め忘れ防止機能がついた冷蔵庫が販売されているので、そちらもおすすめです。

【まとめ】

いかがでしたか?
家族がいれば、その人数分開け閉め回数が多くなる冷蔵庫。閉めたつもりでいても、つい半開きになっていて、品物が台無し。なんてことにならないように、事前に防止策をとることも良い方法です。

生活する上で不可欠な家電だからこそ、いつまでも大切に使っていきましょう。