クールビズで第一ボタンはどうするのが一般的?好印象にするには?




就職活動や無事に新社会人となった皆さん!
クールビズについて疑問に思うこと、ありませんか?

あまりラフな格好はできないし、
かといってどういう服装をしたらいいのよくかわからない・・・

ワイシャツのボタンは開けていいのか?
クールビズ用にはスーツ以外を着てもいいものか?

数十年前は、就職活動中に上着を脱ぐだけで
説明会から追い出される、なんてこともありました。

でも今は違います。
ルールさえ守れば涼しい格好でだいじょうぶ。

それでは、これから「クールビズの服装に」ついて
一つずつ学んでいきましょう。

早速気になる「第一ボタン」のお話ですが…・・・

実は、シャツの第一ボタンを外すのは相手に対して失礼に当たります。

就活生や社会人であれば、第一ボタンは留めておくことがマナーです。

第一ボタンを留めてネクタイを締めること。
ビジネスマナーの基本です。

女性の場合はネクタイがないので
第一ボタンが無いシャツは開けていていいのです。

やはり第一ボタンを外していると
どうしてもだらしない印象になってしまいます。

また第一ボタンを留めて苦しい人は
シャツ自体のサイズがあってないんです。

じゃあ相手に好印象を与えるシャツは?

まず基本は「白」!
襟元は指が一本は炒るくらいのサイズを選択します。

襟元はは出さずに、中に入れます。
レギュラーシャツは真面目な印象を与えますよ。

襟の汚れと、第一ボタンに気をつけると
印象をよく出来る確率があがります。

ではここからは
クールビズでの第一ボタンについて
じっくりと勉強していきましょう!

クールビズで一番上のボタンは臨機応変?!社会人としてのあり方が問われます!

クールビズで
一番上のボタンを開けていいのは
いつなんでしょう?

その時々によって異なるため
判断力や常識的な考え方を求められます。
基本的には以下のときです。

会社・企業の説明会等で
「私服可」「服装自由」の時

クールビズを実施している企業で
ノーネクタイを支持された時

この2つです。
社会人であれば勝手に開けてしまっても
問題が発生することは
ほぼありません。

但し接客業は別。
見苦しいということで
第一ボタンは留める事が殆どです。

そして問題は就活生。

上の2つの理由があっても
勝手にボタンを開けたり
選考時の会場でボタンを開けるのは
よろしくありません。

常に選考での評価を気にした行動を
とらなければなりません。

クールビズで第一ボタンを開けたい人の為の着こなし術!

クールビズのシャツの第一ボタンは
ノーネクタイなら開けていてもいいのです。
そのために最初からついていない
クールビズ用のシャツもあります。

但しお客様の前では
業種関係なく第一ボタンは留めます。

第一ボタンは開けた時
きちんと着こなせていないと
非常にだらしなく見えてしまいます。

クールビズでシャツを着こなすためのポイントは
・自分の体型に合うシャツを選ぶこと
・襟がしっかりしたシャツを選ぶこと

この2つが大事です。

第一ボタンをしなくても
襟がしっかりしていれば
野暮ったく見えません。

見た目がしゃきっとして
スッキリ見えるだけで
好印象を与えることができてしまうんです!

また体型に合わないシャツを選択してしまうと
袖が空きすぎてしまいます。

袖元の空きが少なく
余裕が少ないシャツを選ぶことが
正しいシャツの選び方です。

クールビズの服装は
サイズの合わせ方が
非常に重要な部分なのです。

まとめ

クールビズでのシャツ
好印象を与えるには
第一ボタンは開けないことです。

就活生の場合は
どこで服装を見られているのかわからないため
常に見られても問題ない服装を
心がける必要があります。

就活生に比べ、
社会人の場合は大分制限がゆるくなります。

どちらもノーネクタイで無い限りは
第一ボタンは留めるのが無難です。

好印象を与えやすいのは
なるべく体にフィットするシャツを選ぶ事
襟の形がしっかりと出るものを選ぶ事
この二点が重要です。

ここを押さえておけば
大体の服装の部分は問題なく夏を過ごせます。

今年の夏も
クールビズ用品を上手に選んで
暑さや仕事を乗り切りましょう!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする