お盆で飾る提灯の意とは?今さら聞けない、お盆の常識。

季節・イベント

夏の大切なイベントの1つである「お盆(おぼん)」の行事。

いつもや親や親戚の家で過ごすことも多く、実際にやる側は何をしたらいいのか分からない・・・。
そういう人も多いんじゃないでしょうか。

お盆でなんとなく用意していたものを思い出すとまず飾りの野菜と、燃やすなにかの道具、お菓子そして「提灯」があります。

お盆の提灯は光がくるくると回る提灯を思い浮かべる人もいます。とにかく派手だった記憶はあるのでは?

スポンサーリンク

ではまず、お盆の基本と提灯のおさらいからチェックしましょう。

お盆の意味とは?

お盆はまず、ご先祖様や亡くなった人たちがあの世から里帰りする期間です。
7月、あるいは8月の15日にやります。(地域によって盆の期間が異なります)

お盆の期間は、一般的には8月の13日から16日とされ、
これは新暦と旧暦の兼ね合いやスケジュールで土地ごとや、地域の文化によって違います。

こうしてお盆の時に帰ってくる人たちが道に迷わないような目印として灯すのが
お盆の提灯というわけです。

このお盆提灯、故人や親戚と親しかった人がお供えとして
お盆提灯を贈ることは「最高のお供え」という話もあります。

最近はお盆のやりかたがわからない人のために
スーパーなどでも、お盆で用意するものを一覧にしている
という店舗も少なくありません。

そこであまり触れられない、お盆で使う提灯
についての知識をまとめました。

これで今年のお盆の準備は大丈夫少しずつ用意を進めましょう!

お盆提灯には毎年使える絵柄入りと新盆用の白提灯があった!

お盆の提灯には二種類あります。

まず新盆用の白提灯。
これは喪主が、一人に対して一つ買います。
送り火の時に一緒にお焚き上げします。

お焚き上げが出来ない事が現在は多いので
お寺に持っていって
お焚きあげしてもらいましょう。

白提灯は迎え火や送り火として
玄関や窓際に飾って使用します。

絵柄入りの提灯は毎年使うことが出来ます。
数が多い場合は
毎年数を減らして飾ります。

絵柄があるものは飾り提灯といいます。

親戚や兄弟が買って贈る場合や
提灯代としてお金を包む場合の
二通りの方法があるようです。

感謝の気持ちを込めて
提灯を送りたい場合は
まずお相手の都合を聞いてからにします。

元の物品が高価で重いものですので
やはり相手に合わせた方法で
感謝の気持ちを送りましょう。

飾り提灯は盆棚や精霊棚の前
お仏壇の前に飾ります。

大体が回転灯と呼ばれるもので
電球の熱による気流で
自然に絵が回るという仕組みなんです。

もっと派手な仕組みの様に感じますが
ちゃんと火で明かりをつけた時も
機能するように作られているんですね。

 

「飾り提灯」は、現在まるでインテリアのような
デザイン性の高いものも販売されています。

1年の決まった期間にしか出せないのは
なんだかもったいなく感じられるくらい
インテリア性が高いんですよね。

お盆提灯はいつまで点けていればいいの?期間、時間を詳しく教えて!

お盆提灯を飾る時期は
7月・8月どちらのお盆共に
お盆をする月の初めから飾ります。

逆に片付けるのは
お盆期間が終わる17日以降です。

盆提灯の明かりを付けるのは
夜で周囲が薄暗くなった頃。
明かりは九時くらいには消します。

お盆の期間中の夕方から
夜にかけて灯すのが一般的。

実際のお盆の間は夜だけでは無く
昼も点灯して問題ありません。

現在は電気や電池で明かりを付けていますが
火を使う時は目を離さないように注意しましょう。

お盆の意味をしっかり考えよう

お盆の提灯には
あの世から帰ってくる霊を
お迎え・お送りする役目があります。

場所によってはお墓から自宅まで
火が灯った提灯を持って帰り
お盆の終わりにお墓までお送りする
という土地もあります。

しかし大体のお家では
家の窓際や仏壇の前に明かりを置いて
迎え火・送り火として使います。

何年も使える飾り提灯と
一回限り新盆の白提灯があります。
地域によって用意する人も変わります。

お盆のしきたり自体
元々地域や宗派で異なり
形も変化してきているものです。

その土地に合う方法にのっとるのも
一つのお盆のやり方です。

まとめ

お盆で大事なのは亡くなった人や
ご先祖様の霊に対してきちんと敬意を持つこと。

お仏壇や飾り棚などなキレイに飾りを用意して
しっかりとご先祖様達をお迎えしましょう!