ペアガラス結露する原因は?製品の保証はされるの?

スポンサーリンク

冬になると寒さ対策のため、家の中を暖房で温めますよね。

でも、朝、起きると窓の下は結露で水浸しに。なんて経験を、みなさん体験したことがあるのではないでしょうか?そんな時に、役に立つのがペアガラスです。

では、ペアガラスを取り付けたときのメリットやデメリットについてみていきましょう。

ペアガラスを取り付けるメリット

ペアガラスとは、窓のガラスとガラスの間に密閉した空気層をつくった窓ガラスのことです。空気は温められると、空気中の水蒸気が飽和して水滴となって窓に付着する性質があります。

つまり、寒い冬になると、外の寒さが部屋の中へも伝わり、部屋も寒くなります。そこで暖房を使うわけですが、室温を上げた状態にすると室内の水蒸気が飽和状態となり、貯まった水分が窓に付着し、水滴となり結露を生み出すのです。

ですから、外気温の影響をできる限り少なくし、室内の温度をあまり下げずにすむように空気の層が入ったペアガラスが必要になってくるのです。
結露とはあまり関係ありませんが、逆に熱い夏になると遮熱効果を発揮し、室内温度が上がりにくくなります。

ペアガラスは各社メーカーによって材質やガラス板の厚さが異なり、断熱効果もさまざまですが、省エネという言葉が定着した今、需要の高い商品の一つになっています。

ペアガラスの結露の原因は何?防止対策はありますか?!

しかし、ペアガラスを取り付けても結露ができてしまった、ということがあります。原因として考えられることは、まず、断熱効果の低いペアガラスを取り付けてしまった場合。

ペアガラスは各社基準が異なるので、断熱効果に差があります。安いからといって飛びつくと、断熱効果があまり期待できない商品であったということもあり得ますのでご注意を。

次に考えられることは、室内の湿度が許容オーバーになった場合。冬は乾燥するからと、加湿器を付ける方も多いですよね。

加湿器は水分をどんどん出すためのものです。ということは、ペアガラスの断熱効果で室内温度を保っていたとしても、室内湿度が80%にでもなってしまえば、軽いサウナ状態です。これでは、さすがに水滴が発生してしまいますよね。

スポンサーリンク

家の構造も関係している

また、家の構造にも原因があります。木造一軒家は、空気の流れもありますが、最近の新築マンションは気密性が非常に高くなっています。ですので、余分な水分の逃げ場が無く、どんどん室内に水分が貯まり、結露を作りだしてしまいます。

長年使ったペアガラスは、ガラス自体に変化は無くても、空気層を作りだしている封着剤(シール剤)は劣化していきます。劣化した結果どうなるのか、という話はのちほどさせていただきますね。

結露を防ぐには、寒くても時々換気を行い、室内の水分を外に逃がしてあげましょう。

内部に結露が溜まる?!先ずは保証期間をチェック!


ペアガラスを取り付けているのに、最近結露が増えた気がするというときは、ペアガラスの劣化も視野に入れましょう。

先ほどもお話しましたが、ペアガラスはガラス自体には劣化が無くても、空気を作りだしている封着剤の劣化はおこってきます。そうなると、ガラスとガラスの間に水分が入り込んでしまいますが、一応封着剤がある状態なので内部を拭くことはできません。

ふき取る事ができないので、カビも発生してくる結果に。こうなってしまうと、ペアガラスを交換するしかなくなります。

ペアガラスの保証期間を確認し、保証期間内なら交換してもらいましょう。劣化は突然起こるものではなく、日にちをかけてひどくなっていくものなので、購入したときに保証期間を確認し、保証期間が近づいてきたら窓の状態を確認してみましょう。

もし、そこで内部結露を発見したならば、すぐ連絡して交換してもらえば保証期間内に間に合いますね。

まとめ

エコが叫ばれている今は、ペアガラスの需要も高まり、各社メーカー新商品の開発に力を入れ、日々レベルアップした商品が作りだされています。

万が一、内部結露を見つけた場合は、以前の型にこだわるのではなく業者と相談して、より断熱効果の高いペアガラスを取り付けるのも良いでしょう。

寒い冬がきても良いペアガラスを取り付けて結露を防止し、快適な生活を手に入れていきましょう。