おもちゃの処分方法とタイミング、大きい・壊れたおもちゃは?

グッズ

使わなくなった子供のおもちゃは処分に困りますよね。壊れたおもちゃや大きいおもちゃなど、どう処分すればよいのかご紹介します。

おもちゃの処分方法

1)知り合いに譲る
一度身近な知り合いに、自分が使わなくなったおもちゃがいらないか聞いてみましょう。小さな子供がいる家庭では、喜ばれる場合が多いです。

友達や親戚におもちゃが欲しい子供がいるか探してみましょう。(ただし、欲しくない人もいますので強要しないように…)

2)オークションに出す
いくら不要になったおもちゃとはいえ、「もったいない」気持ちがあるのではないでしょうか?

最近では、「メルカリ」などオークションサイトが流行していて、スマホがあれば誰でも簡単に出品できるサービスが人気です。

メルカリ公式サイトより

売れないと思っているおもちゃでも、案外売れたりするケースも多いです。一度チャレンジしてみるのもよいでしょう。

ただし、金銭的にはあまり儲けは期待できないし、発送などの手間が少しかかってしまいます。

3)買取業者に依頼する
最近になる利用が増えているのがネットで申込むオモチャの買取サービスです。

≫≫ ネットで申し込めるオモチャ宅配買取

キャラクターものやヒーロー物、人形やフィギアからミニカー・レゴなど何でも買取対象になります。

宅配買取りもいろいろありますが、こちらのような「おもちゃ(ホビー)専門」の買取がオススメです。
意外なお宝があったり、高額買取になるオモチャがあったりします。

4)リサイクルショップに出す
近くにリサイクルショップがあるなら、店頭に持ち込みする方法もあります。

ブックオフやセカンドストリートなど大手のリサイクルショップから、地元の小さなお店も対象です。オークションに出すよりも時間や手間がかかりませんし、出張で引取するサービスもあり。

しかし、壊れてるものは受け付けないとか、買い取り・オークションより利益は少なくなる傾向があります。

5)寄付する
使わなくなったおもちゃは、寄付することもできます。おもちゃが欲しくても買えない子供が世界には多くいるのが現状です。気になった方は、一度「おもちゃ 寄付」で検索してみてください。

6)不要品として処分
思い切って処分するということであれば、不用品として捨ててしまいましょう。

小さなものや材質などにより家庭ごみでも処理できますが、大きなものや形状によっては「粗大ごみ」扱いになります。地域の粗大ごみは回収日が決まっていたり、モノによっては回収できないこともあります。

オモチャが大量にあるご家庭など、捨てるのが面倒な場合は民間の不用品回収業者・クリーンサービスに依頼しましょう。有料にはなりますが、指定した日にまとめて家まで回収しに来てくれます。

おもちゃを処分するタイミングは?

おもちゃをいつ処分すればよいのか、その時期についてご紹介します。

1)おもちゃが壊れたとき
おもちゃが壊れてしまったときは、処分する時期が来たと思いましょう。しかし、状態によっては修理も可能です。

2)量が増えてしまったとき
おもちゃを収入している入れ物の容量に、おもちゃが入りきらなくなってしまったら一度整理をしてみましょう。

使っているおもちゃと使っていないおもちゃを子供と一緒に分別してみるとオモチャ全体の量を減らすことができます。

3)進学・入学シーズン
学年が上がるにつれて、使わなくなるおもちゃも増えてくるのではないでしょうか。

特に、小学校へ入学する際には、勉強スペースを作るなどして部屋の整理をする場面が出てきます。進学シーズンをキッカケとして、大掃除や部屋の模様替えを兼ねておもちゃも処分しましょう。

注意点は、子供と一緒に分別することです。捨てる時も必ず子供に確認をとってから行いましょう。

おもちゃの処分・分別の具体的な方法

おもちゃの処分方法をいろいろ説明しましたが、ゴミとして処分する場合の具体的な方法について、詳しく見てみましょう。

ゴミとして出す場合の手順

ゴミの処分・収集については、お住まいの地域によって分別方法は異なります。詳しい分別方法は、自治体のパンフレットやホームページでご確認ください。

一般的に、プラスチックのみで出来たおもちゃは「可燃ごみ」として扱われることが多いです。その場合、プラスチック以外の金属やガラスなどの不燃性や紙などの可燃性の物が混ざっている場合は、「不燃ごみ」となります。

おもちゃで使用した電池は、「廃乾電池」として処分するようにしましょう。

大きなおもちゃは収集車で処分することができません。その場合は「粗大ごみ」として処分することになります。

粗大ごみの回収方法


大きなおもちゃの場合は、地域に対応するクリーンサービスなどを利用します。粗大ごみなどは、不用品の回収・買取業者へ処分してもらうよう依頼しましょう。

木製品やプラスチック製品などは50cm以上、金属製品は30cm以上が粗大ごみとして扱われるといったように、粗大ごみの定義も自治体によって異なります。

おもちゃを処分する際には、しっかり確認するようにしてください。

クリーンサービス・不用品回収業者

民間で行うクリーンサービスは、インターネットから申し込みすることも可能です。自宅まで回収しに来てくれるので、とても便利です。

処分したおもちゃを分別するのが大変という方にもとてもおすすめです。古くなった子供服などを一緒に処分してしまうもも良い方法ですね。


≫≫ 処分費が安い業者を探すならこちら。

まとめ

今までいらなくなったおもちゃは、処分するという選択肢だけではありません。処分するのは、最終手段と考えるのがよいのではないでしょうか。自分に合った方法を検討しましょう。