窓ガラスが熱割れ、対策は?保証されるの?

住まい
スポンサーリンク

ある日帰宅して何気なく窓に目をやると、驚きました!いつのまにか、窓ガラスが割れていたのです。

正確に言うと、何かにぶつけたように大きく長いヒビが入った感じです。ぶつけた覚えはないですし、新築の一戸建てを購入したばかりなのでとてもショックでした。

近所に買い物しがてら出会った隣人にボヤいていたところ、それ、熱割れじゃない?と教えていただきました。

窓ガラスの熱割れって何??知らなかった私は、いろいろ調べてみました!

熱割れの原因と対策

熱割れって何?!
そもそもこのような新築の家の窓ガラスが、なぜ突然に熱割れなど起こしてしまうのでしょうか。

熱割れとは、冬の晴れた午前中によく起きる現象で、窓ガラス内の温度差が原因です。

太陽の日差しが当たる窓ガラスの中央部分は膨張するのに対して、サッシ端の冷えた部分は日差しの影響が少なく、膨張しないため、引っ張られる力がかかり割れてしまいます。

そのため、熱割れを防ぐには、冷暖房のエアコンの風を窓ガラスに当てないようにし、室外機も窓ガラスのそばに密着して置かないようにした方が良いと忠告を受けました。

そういえば、家では直接風が体にあたるのを嫌って、窓に当てていました…。おまけに室外機も窓近くの微妙な位置に置いてあります。

窓ガラスが熱割れするケースとは?

熱割れが起きた事例には、窓のそばにベッドなどの家具類や段ボール、荷物を置いていた、または座布団を立てかけていただけで熱割れしてしまったケースもあるとのことです。

カーテンすらも窓ガラスに直接触れているとその部分が過熱し、熱割れし、洗濯物の日影の温度差でなど、もはや怖くて何も近くに置いたりできないレベルです。

カーテンと窓の間の間隔を広げればよいという事ですが、すぐにできることなのかどうか悩みます。

熱割れを起こさないようにするには、サッシも熱の影響を受けにくい樹脂製にし、窓ガラスを割れにくい丈夫な厚みのある耐熱強化ガラスなどに変えるなどの方法があるそうです。

こちらの対処法の方がはるかに日常的に使う窓には建設的なため、今回せっかく修理・交換するのなら、再発しないように直したいと思いました。

スポンサーリンク

窓ガラスの熱割れは保証される?!

何といっても我が家はまだ新築でしたので、賃貸のように管理会社に頼んで修理を無料で依頼というわけにはいきません。それで施行会社の工務店に連絡することにしました。

しかし、熱割れは保証外で有償とのつれない答えで、結局火災保険の補償となりました。面倒です…はじめからなんとかならない物でしょうか。

こうしたトラブルのケースは多くあるようで、ウェブでもあちこち相談が見られ、たいていの場合内容は一緒です。

調べてみると、大手施行業者でも、施行前の契約で窓ガラスのタイプ別に保証期間を2年~10年としているところと、まったく保証外としているところがあり、圧倒的に保証外のところが多いみたいです。

その一方で業界水準は2年保証だよ、という意見も聞かれるため、施行業者やハウスメーカーしだいなのかも知れません。注文住宅であれば、そうした対策も事前に打ち合わせで行えるため、これからの人はぜひ参考にしてみてください。

まとめ

熱割れは全く初めての体験で言葉すらも知らず、今回本当に驚きました。

以前住んでいた家の窓枠は、現在のものより小さかったためなのか、日当たりが良かったにもかかわらず、一度も熱割れなど起こしたことがなかったのです。

そして日当たりが良すぎるくらいなため、これから断熱フィルムを貼ろうとしていた矢先でした。
しかしこうしたフィルム類も熱割れの原因になるということを知り、今から頭が痛いです。

これからエアコンを入れる部屋も増えてくるため、使い方やカーテン、ブラインドのかけ方にも気をつけなければと考えています。