年末調整すると還付金が戻ってくる?計算をシミュレーションしてみた!

社会保険・税金
スポンサーリンク

「年末調整」って、自分には関係ないと思っていませんか?

正社員やアルバイト・パートと働き方を問わず、実際にどこかに雇用されている場合は、実は自動的に会社がやってくれているんです。働いている場所が一年間の税金確定計算をしてくれるため、全くわからないまま今まで暮らしてくれた人も少なくありません。

その代り、個人事業主やフリーランスといった無所属の人は、自力で「確定申告」をしなければなりません。

そんな年末調整と還付金と具体的には何なのでしょう?

年末調整の還付金とは?

年末調整はお給料を貰っている人の税金確定をするためにあります。所得税と住民税の金額を決めると言ったほうがわかりやすいでしょうか。

還付金が出てくるのは、すべて所得税に関すること。住民税は昨年の年末調整で計算された金額を、一年間かけてまるごと支払っているので、まずこちらからは還付金は出てきません。そのかわり追加で徴収されることもありません。

所得税の一定額のなかから、加入している生命保険や個人年金保険、確定初出年金といった諸々の金額を差っ引いたのが所得税になります。

年末調整の還付金をシミュレーションする方法

では実際どんな感じなのか、計算シュミレーションをしてみましょう。

1・お給料が月48万として、 国税庁のHPを見ると、 給与所得控除後の所得額が出てきます。
2・社会保険料や生命保険控除、扶養控除や配偶者控除、基礎控除の所得控除を合計します。
3・1から2を引いて、国税庁のHPで控除額を調べます。 最後に出てきた数字に指定の数を計算して、納める金額から差し引いて残った額が還付金です。

関係している税金の額によりますが、この場合は6万ちょっとが還付金となりました。
簡単に計算できるホームページもあるため、実際に計算してみてもいいですね。



年末調整の還付金・体験談

では次に、「年末調整しても還付金は少ないだろうと思っていたけど申告してよかった!」という人の体験談を見てみましょう。年末調整で戻ってきたお金の額による、様々なご意見です。

年末調整で還付金があった!少なくても申告してよかった!という人は、「アルバイト」の人に多いようです。

年末調整を会社で計算するのは社員のみ対象という職場もありますし、アルバイトの場合は貰っているお給料や働いている日数などで収入も異なります。日払いや短期バイトで複数の会社からお給料があるとなおさらです。

なので、アルバイターが実際に確定申告で計算をしてみたら思わぬ金額が戻ってくることもあるんです!

特に、学生さんは「勤労学生控除」という項目が適用されます。

勤労学生控除とは?

学生さんは収入が130万円以下の場合ほぼ確実に労金学生控除額・27万が適用されるようです。

アルバイトで計算したことがない、そんな場合に少しでも返ってきてよかったといった体験談がよくあります。

年末調整の還付金が戻ってきたら何に使う?


年末調整で還付金が増える場合、中には4万ほど差が付く場合もあります。

そんな還付金の使い方として最も多いものに「投資」が挙げられます。

元々あったお金でも無いためマイナスとなる事態になりにくいイメージの場所に利用しています。似たものとしては「貯金」という使い方もありですね。

尚、年末調整で申請したあとの還付金を受け取れるのは12月から翌年1月です。

医療費控除も還付金の一種

還付金と言えば医療費も還付金対象の1つなんですよ。これは医療費控除手続きと言って、2月から始まる確定申告の方で申告をする手続きです。

年末調整と確定申告の違い

年末調整と確定申告では書類申請できるものが異なります。

医療費控除や確定申告もマイナスになると不足分として税金を徴収されます。年末調整は払ってきた税金の総括、という位置づけです。

確定申告はこれから支払う額や年末調整の申請の修正、と目的そのものが違うわけです。どちらも合計額を計算した後に改めて書類を出すか検討したほうがいいようですね。

まとめ

年末調整したからといって、還付金は必ずあるわけではありません。計算額がマイナスになれば、当然に不足分として税金を徴収されるケースもあります。そのため、出すタイミングと出さないタイミングをきちんと見定める必要があります。