知らずに食べてない?!七草がゆの由来、食べるのはいつごろなの?

「七草粥(がゆ)」を食べるのは、お正月終わりの頃の、古くから伝わる日本の風習です。

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草。」
リズムよく覚えやすいこの七草の歌。小学生のころ習ったような気がしますね。

おせち料理やお酒など、お正月にたくさん食べた後の胃を休めて。体調を整えるための優しい食事とされています。

ここでは実はそれだけじゃなく意外と深い七草がゆの由来と、いつごろ食べるのかについてご紹介します!




七草がゆの由来、どのように始まったのか?

まずは五節句というものをご存じでしょうか?
1/7は「人日」、3/3は「上巳」、5/5は「端午」、7/7は「七夕」、9/9は「重陽」、これらが五節句で、そのうちのひとつである「人日」の行事で、七種類の野菜の入った汁物(ななしゅのさいかん=七種菜羹)を食べることで、人々の無病息災を願う、というものです。

もともとは、中国から伝わった文化で、日本にもともとあった1/15の「小正月」に七種類の穀物(こめ、あわ、きび、ひえ、のみ、ごま、あずき、くり、かき、など)を食べる風習と合わさって平安時代の中期ごろに始まったとされています。

七草がゆは、いつ食べるのが正解?

基本的には1/7です。中国の風習で、1/1は鶏の日、1/2は狗(犬)の日、1/3は猪(豚)の日、1/4は羊の日、1/5は牛の日、1/6は馬の日、1/7は人の日、とされていて、それぞれの日に当たる動物を殺さないよう大切にしましょうという風習があったようです。

さらに1/8は穀の日、1/9は豆の日、1/10は綿の日で、豊作の占いや運勢をみる風習もあったそうです。

そういったことから、この「人の日」にあたる1/7に人々の無病息災を祈り、邪気を払いましょう、ということがその理由となります。

ちなみに、時間帯については、朝、昼、晩でいうと朝です。これについても古来中国では、官吏昇進という昇進や出世の試験が1/7に行われていて、その朝にその年の昇進や出世を祈ったそうです。

また、現代では仕事始めの時期ですから、自然界のエネルギーをもらって「さあ仕事をがんばるぞ!」という意味でもあります。ここまでが一般的な七草がゆを食べる時期ですが、日本でも地域によっては、「小正月」の風習にそって1/15としているところもあります。

 

七草囃子(ばやし)の歌にこめられたメッセージ

「ななくさ、なずな、唐土のとりが、日本の土地に、渡らぬうちに、とんとんばたり、とんばたり」この歌を歌いながら、1/6の夜に七草をまな板で刻む習わしがあります。

地域によって少しずつ歌詞は異なるようですが、鳥は穀物を狙って食べるので、豊作の敵だから、追い払うための鳥追い歌でもあります。

また、七草を刻む音と、この歌が厄除けの意味が込められているそうです。

薬膳料理を習った時も、香りの強い野菜はイライラを緩和したりや、神経を落ち着かせると聞きました。

七草をまな板でとんとん刻んだら、いかにもツンとした香りが立ってきそうですよね。

昔から、音や香りで魔よけの効果を期待するというのはこの七草や七草囃子に限らず、よく聞く話です。

【まとめ】

1)現代では胃を休めるとされている七草がゆの始まりは、中国の「人日」の行事である。
2)いつ食べるかは基本的に1/7の朝で、これも中国の「官吏試験」の日からきている。
3)1/6の夜に作り、1/7の朝に食べるが、食べるだけでなく、作る工程にも、厄除けなどの意味が込められている。

ということでしたが、やっぱり現代人にとっては、胃を休めるための食事ですよね!
それなら忘年会シーズンにも食べたほうがいいかもしれません。

私はいつも思うのですが、このように少し歴史や由来を知ることで、食べるときのありがたみが増す気がします。