もみじが紅葉する時期はいつ?葉の色が変わる理由など

スポンサーリンク

日本は四季の移り変わりを風景で感じられる国だと思います。

春には桜、夏にはひまわり、さて、秋と言えばやはり紅葉が赤く染まる紅葉ではないでしょうか?

私自身、生まれ育った土地が山々に囲まれていたこともあり、紅葉はとても身近にあるものでした。

日々の生活の中でわざわざ足を運ばなくても、四季の移り変わりを感じることが出来ていたなんて、年を取ってからしみじみと感じるようになりました。

そこで気になるのがいったい紅葉の一番きれいな時期はいつなのだろう?と私自身も疑問に思いました。

もみじの紅葉について

北は北海道から南は沖縄まで地域によって気温はさまざまなのでばらつきはありますが、
10月下旬ごろから12月上旬といったところでしょうか。

私が住んでいる愛知県には足助町という地域に紅葉で有名な、香嵐渓という場所があります。

香嵐渓では例年、11月中旬から下旬までが一番きれいに紅葉を見ることができるとされています。

しかし、毎年の気温や気候によって誤差はあるのでインターネットなどで確認をしてから足を運ぶのが一番かとは思うのは私だけでしょうか?

もみじの紅葉前後の変化は?

秋のイメージと言えばもみじ!紅葉の前と後で色はどう変わるの?と疑問です。
やはり紅葉と言えば紅葉、紅葉と言えば紅葉ですよね!

紅葉の色が緑から赤く染まってゆくのを楽しむのが紅葉ですが、そもそもどのようにして変化をしていくのでしょうか?

葉が色づくにはいくつかの条件があるとされています。

一つは気温が低くなることで、紅葉は一般的に朝の最低気温が8℃前後より低くなる日があってから、しばらく経つと色づき出すそうです。

スポンサーリンク

もう一つは、日が短くなることです。昼間の時間が短くなることで色づき始めます。

なぜ紅葉して色が変わるの?


葉の色の変化は、色素によるものだそうです。紅葉の葉は、緑から黄色、赤色と変化していきますが、これは葉の中に含まれている色素の違いによるものです。

へー!そうだったのか!といったところでしょうか。なかなか機会がないと知ることのない情報だと思います。

私自身も沢山の草木に囲まれた田舎町で育ってきましたが、当たり前すぎて葉がどのように色づくかなんて考えたこともありませんでした。

気が付けば緑から赤色に染まりゆく風景は私にとっては日常にすぎませんからね。四季の移り変わりを感じながら過ごさなければと少し反省してしまいます。

葉の色づきには、気温、日照時間が関係してくるということを今私自身頭に叩き込みました。

皆さんは覚えられますか?気温と日照時間ですよ!笑

しかし、この時間や気温も地域によって異なるので8℃前後という気温が絶対とは限らないのですけどね。

自然というものは難しいものです。絶対はないですからね。

なるほど!もみじがきれいな色に紅葉する理由があった!

季節が移り変わり秋にはいつのまにか綺麗に赤く色づいている紅葉。

他の代表的な花でいうと、春には満開にピンクの花を咲かせている桜もありますよね。

そもそもその時期になんで?綺麗なの?なんて皆さん考えたことはありますか?

もみじも紅葉の時期になると、当たり前のように真っ赤に色づいていてとても綺麗ですがそもそもなぜ秋なのでしょうか?

赤い紅葉は落葉樹(らくようじゅ)というもので、いずれは葉っぱさえも落ちてしまいます。

赤く染まるというのは、木が来年も生き延びられるように、木自身の体内を健康にしている作業といえます。

夏は緑色の葉っぱがありますが、こちらは太陽の青い光をあびてすくすく育っています。

栄養もたっぷりあるはずなのですが、四季が秋に向かい光の量が減ってくると、緑の成分(葉緑体)の分解作業を始めてしまいます。そしてだんだんと秋口に向かうにつれ赤く色づいていくものとされています。

私たち日本人の心を癒してくれる紅葉ですが、最終的には枯れて葉が落ちてしまうなんて、なんだか儚いですね。

しかし、それは来年も私たちに綺麗な紅葉をもみじたちがまた見せてくれるためのものだとわかるとこれからの考え方も変わってくるように思います。