降水量1mmってどれくらいの雨?意外と知らない降水量の単位や測り方とは?

自然科学
スポンサーリンク

降水量の意味や定義について

降水量の測り方というものがあります。降水量の単位はmmです。毎年の変化や雲の動きを見ながら降水量を測ります。

降水量の基準はまずは10mmとなっており、10mmとは普通に雨が降っている状態の程度を言います。降水量にはmmによって定義があり、どのくらい降るのかどれだけ傘がいるのか知ることが出来ます。

さらに詳しく言うと雨雲レーダーという感知機械があります。雨雲によってmmが多いところ、いつも雨が多いところ、雨が少ないところや動きを予測しながら天気の意味を促します。毎年の天気の記録もある中で今年はどうなるかある程度天気を予測します。

降水量の測り方

では天気が雨になった後の降水量の測り方を説明します。

雨が降った後の降水量の測り方は雨雲レーダーや感知や予測ではなく、雨量計というものがあります。これがどれだけ雨が入っているか確認することでどのくらい雨が降ったのか結果が出ます。

雨量の予測もしますが、結果を出すことによって次雨降ったときの基準になります。



雨量計に頼らないと予測でしか測ることは出来ないから結果がしっかり出ません。そのため天気を予報するには結果の雨量計もあちらこちらに設置し、測っており今後の天気を予測したりします。

降水量○○mm(ミリ)ってどれくらい?

降水量にはmmという単位があります。基準は10mmが雨が丁度降り続けている状態のことを言いますが、10mm以下の雨もあります。

まず1mmの雨というのは降り出してから傘が少し必要な程度の雨になります。傘がいらない雨は01.mm以下になります。

01.mmの雨が少し強く降ったときが1mmの雨になります。もう少し降ると5mmの雨になります。普通に沢山降っているわけではないけれど、少し服が汚れる程度の雨になります。傘は必要だし、傘がないと当然濡れる雨になります。

大きくなると100mmの雨というのもあります。100mmの雨というのはよほどのことがない限りありません。特にどういうときの雨になるかというと強い雨、台風などの災難レベルの雨になります。もう20mmでも強い雨になるため、100mmの雨はかなり強い雨になります。

雪の降雪量

雪の場合はmmではなくcmと表します。雨は単位が水の単位になっているけれど、それに対して雪は積もる長さで表します。

雪は寒くならないとあまり降りませんが、雪の激しいところでは10cm以上になるところも沢山あります。北海道や新潟などの北の方や山の方では雪が沢山冬に降ります。このときcmの長さが大切になってきます。

降水量 過去の数値など

降水量のランキングを説明します。東京や三重県なども確かに降りますが、過去最高のランキングでは高知県が一番降水量が多いです。



高知県は四国で少し温かいところです。丁度高知県がこの降水量の多いところに接します。年間降水量はとても高く雨が多いところとして知られており、日本一とされています。

他にも1時間降水量として知られている県もあります。それは宮城県です。

24時間の降水量としては東京が1番多く、雨の量も観光地としても人工としてもかなり有名になっています。東京では2000年を過ぎてからの方が降水量が多く、10年前はとても多いと結果が出されています。

過去の中では東京や三重県もそうですが、宮城や高知なども降水量が多いです。温暖化などの原因もありますが、最近はよく災難も続いているし、雨が多いと予報されることも多くなりました。

特に台風などで雨が降ることが多く、台風は最近は毎年やってきて世間を騒がせています。降水量が多いところは毎日傘が必要になるし、日傘より雨傘も持っていかなければなりません。

天気予報をよく注意してみることが大事で、過去に雨量の多いところは特に注意しなければいけません。多いところは年間でも4000mmを超えているところもあります。