交通安全週間っていつからいつまで?取り締まりの内容は?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

街を歩いていると、「交通安全週間」のポスターを見かけたことはありますか?そこらじゅうに貼ってあるので目にしたことがある人も多いかもしれません。

また、学生時代から交通安全週間にちなんだ行事もあるなど、おなじみの週間ですよね。
しかし、交通安全週間はいつから始まるのでしょうか?

具体的な期間はそれほど知られていないと思います。また、どのような取り締まりが行われているかを知り、安全運転に気をつけたいですよね。

そこで、この記事では「交通安全週間」についてご紹介させていただきます。

期間やどのような取り締まりが行われているのか、詳しく知りたい人はぜひ最後までお読みください。

交通安全週間はいつからいつまで?

まず、交通安全週間は正式名称を「全国交通安全運動」といいます。

小中学校では「交通安全教室」という名称で授業が行われているのを耳にしますね。

筆者が学生の頃は、学校で年に2回春と秋に交通安全教室が行われていました。そのなかでは、自転車の交通ルールを中心に学習した記憶があります。

実際の交通安全週間は、いつからいつまで行われているのでしょうか?

全国交通安全運動は、春と秋に一回ずつ行われています。

・春の全国交通安全運動は4月6日から15日です。

・秋の全国交通安全運動は9月21日から30日です。

いずれの期間も10日間なので、週間という名称もありますが、実は1週間ではないのです。

ただし例外があります。それは、統一地方選などの重要な行事と重なった場合、交通安全週間がずらされることです。

直近ですと、2019年4月に統一地方選があるため、春の全国交通安全運動は5月になる予定になっています。

交通安全週間は、人の生死に関わる大事な取り組みだと思います。そのため、重要な行事と重ならないように配慮するほどかかせない行事です。

社会人として働いていたり、普段車に乗らない人にとっては馴染みの少ない週間かもしれません。しかし、交通事故は誰もが巻き込まれる可能性があります。

自らが被害者にも加害者にもならないように、普段から安全意識を高めておくことが大切です。

余談ですが、「交通安全週間に違反をすると罰金が2倍になる」という噂を聞いたことはありますか?

本当っぽく感じられますが、これは全くの嘘。しかし、日常的に違反をしないように気をつけなければなりませんね。特に車のスピード違反には細心の注意を払いましょう!

交通安全週間中、取り締まりの内容は?

交通安全週間中の取り締まりですが、実は季節によって若干内容が異なることをご存知ですか?

たとえば、春の交通安全週間は、飲酒運転やスピード違反の取り締まりが他の季節に比べて強化されています。

これは、花見の時期で飲酒運転が多発していることや、新生活でバタバタしてスピード違反が他の季節より多いことが考えられます。

また、シートベルトやチャイルドシート着用も厳しく取り締まられる季節です。特に、シートベルトを着用していないと取り締まりを受けるでしょう。

シートベルトの非着用者は、着用者に比べると交通事故で死亡する確率が2倍です。そう考えると、必ずシートベルトを着用する必要がありますね。

新生活の注意喚起の意味合いも

春は新生活が始まり、慣れない車通勤をする人が増えることで、今一度安全運転を心がけてほしいというのが狙いの一つだと考えます。

秋の交通安全週間は、春よりも交通マナーに着目した取り締まりが行われます。これは、日没時間が早くなり交通事故が急激に増加する時期だからです。

具体的な取り締まり策として、運転時のライト点灯や、歩行時の目立つ色の服の着用喚起が挙げられます。暗い夜道はドライバーも歩行者も注意をしなければなりません。

双方が交通ルールを守ることで、事故発生件数を減少できると思います。

まとめ

この記事では、「交通安全週間」についてご紹介させていただきました。

全国交通安全運動は春と秋の2回、10日間行われます。取り締まり対象は春は基本的な交通ルール、秋は交通マナーが中心です。

しかし交通安全週間ではない期間も、交通安全に十分気をつけなければなりません。安全に注意しながらドライブを楽しみましょう!