高校受験は冬休みの過ごし方が大切!ラストスパートのかけ方は?

中学生
スポンサーリンク

高校受験を控えるあなたやその親御さんは、受験前の冬休みをどのように過ごせば良いか心配ですよね。
おそらく大半の人にとって受験は初めての経験なので、不安が増してくる時期かと思います。

しかし、どのような対策をすれば良いか具体的に理解していますか?他の受験生は冬休みをどのように過ごしているかも気がかりです。

そこでこの記事では、「高校受験前の冬休みの過ごし方」をご紹介します。どんな生活をすれば良いか、アドバイスします。

高校受験の冬休みの過ごし方は

高校受験前の冬休みは誰もが不安だと思います。とくに1月中に試験を迎える人にとっては、緊張した毎日を送ることになるのではないでしょうか。

受験を目前の冬休みの過ごし方こそ、合否を左右するといっても過言ではありません。それではどのように冬休みに勉強をし、生活を過ごしたら良いのでしょうか?

参考までに一例をご紹介させていただきます。

冬期講習・直前模試を有効利用

まず、冬休みを利用して塾で冬季講習があると思うので、積極的に参加しましょう。

家で1人で勉強をするのも良いですが、家にいるとついつい誘惑に負けてしまうもの。塾で同級生と一緒に勉強をすることをおすすめします。

また、この時期になると、高校入試のプレテスト(直前模試)なども行われるので実力試しに参加してみてください。

プレテストは実際の入試で出題されるような形式の問題が多いので、自分の得意不得意がはっきりわかると同時に、テスト慣れができるので本番に強くなるでしょう。

苦手科目・項目を重点的に復習


苦手な教科や不得意な問題パターンなど、冬休みを利用して徹底的に潰していきましょう。

わからない箇所は先生に聞いたり、友人と共に教え合うなどして、わからないままにしないことが大切です。

そして家に帰宅後も学習は欠かさずに行ってください。家では塾でできなかったところを中心に学習すると良いでしょう。

しかし、そうは言っても「こんなに勉強漬けの生活じゃ息がつまりそう」と思う人も多いのではありませんか!?事実、勉強ばかりしていると頭が疲れてしまいますよね。

そんな時は息抜きも大事です。



上手に息抜きしてリラックスを

せっかくの冬休みで時間もあるので、勉強に疲れたら娯楽の時間も取りましょう。たまには映画を観に行くのも良い息抜きになります。

また、冬休みで親戚の家に行く人も多いと思うので、そのような場には積極的に顔を出すと良いと思います。既に高校入試を経験した親戚もいると思うので、様子を聞いて受験のイメージを持たせることも大切です。

お正月には初詣に行って合格祈願をしてもらうことも良いと思います。

ただし遊びすぎには注意です!
受験生の自覚を持って、基本的には勉強中心の休みにしましょう。

高校受験のラストスパートは冬休みに

冬休みが終わると、私立を受験する人は続々と試験本番がやってきます。私立高校ですと、1月中旬から入試が始まるので、視野に入れている人は冬休み中に試験対策をしていきましょう。

クラスの中にも合格者が出てくるので、受験を控えている人にとっては焦りが出てきてしまうのも事実です。

中には残念ながら不合格になってしまう場合もありますが、落ち込みたい気持ちを乗り越えて次の試験の準備をしなければなりません。

受験には気持ちの切り替えが大切なので、ラストスパートは周囲を気にせずに自分に合った方法で頑張るのが良いと思います。

たとえば、塾や学校の先生から個人的に指導を受けても良いですし、1人で勉強することが向いている人は家で集中して勉強することも良いです。学校や公立図書館を利用した学習も良いでしょう。

大事なのは、人に惑わされずに自分で勉強することです。合格後の楽しい高校生活を思い描きながら、受験に向けて効率の良い勉強をしましょう。

まとめ

この記事では、「高校受験前の冬休みの過ごし方」をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

冬休みは受験前の最後の長期休みなので、この期間に苦手を克服すると良いと思います。

また、勉強に飽きたら少し息抜きをして気分転換を図りましょう。ラストスパートは自分に合った方法で勉強をしてください。

あなたが希望の高校に合格できることを祈っています。