毛虫を寄せ付けない2つの方法。環境と、刺されないための方法

昆虫・虫
スポンサーリンク

ちょっと草むしりをしようと庭に出るといる、毛虫。
せっかくやる気になっていてもテンションはダダ下がり……。

毛虫って見た目もちょっと気持ち悪いし、なんだか触ると毒がありそうで怖いですよね。
毛虫はゴキブリと同じように見るのも絶対嫌!という人も多いはず。

それならもう毛虫自体を寄せ付けない方法を試しましょう!実際に対策中毛虫に刺された時の心配もまとめて解決します!

毛虫のすきな環境を理解して対策しよう

毛虫を寄せ付けないためには、毛虫が嫌がる環境にすうことが大切です。

では、毛虫が好きな環境ってどんな所なのでしょうか?

毛虫はスズメバチやアシナガバチなど、鳥の餌になることがほとんどです。

それから毛虫は葉を食べます。
毛虫がいる木はその木の葉が毛虫の餌だからなのです。

つまり天敵のいない、葉の多いところを毛虫は非常に好むわけです。
しかしこの環境を作ることは意外に難しいのです。

殺虫剤を多く使っている場合、ハチ自体もあまり来なくなり餌として毛虫を食べることが無くなりました。
これは天敵が減っているということでもあります。

そうなると、具体的な方法で毛虫を避ける方法をとるしかありません。

庭木に毛虫を寄せ付けない方法

まず、殺虫剤よりも「木酢液」をはじめとした虫が嫌いな天然成分を散布することが効果的です。

毛虫がよく出現する木があれば、枝や葉をきちんと手入れすることです。

手を入れずにいると自然と葉が増え、毛虫の餌が増えることになります。食事がある所にいるのはあたりまえですね。

この植物に手を入れだけでも、ずいぶんと毛虫が減るはずです。

手を入れにくい場合は庭師さんに頼むのも一つの方法です。
なるべく早く手入れをすることで毛虫が発生する事自体を防ぐことが出来ます。

庭に木があり、自宅で管理している時は木にビニールをかけて根本から切ると毛虫被害を防ぐ事ができます。

毛虫に刺されたらどんな症状が出るの?

毛虫に毒はない?など気になることも多くあります。避けても、致し方なく毛虫に刺されるケースも想定しておきましょう。

まず、毛虫の活動期間とては、春から秋の間に活発に活動します。
もちろん、毛虫の種類や周囲にある植物によっても異なります。

毛虫の種類によっても、対処法などが違ってきます。
家庭の庭や公園によくいる毛虫の代表格・四種をまとめてみました。

チャドクガ

初夏に多く、ツバキやサザンカにいます。体長は大体1センチで黄色を含んだ毒々しい見た目。
一番危ない毛虫がこれです。

ドクガ
春から秋に多く、サクラなどのバラ科にいます。
オレンジ色で、刺されると広く症状が出ます。

イラガ

夏から秋に多く、ケヤキなどの木にいます。二センチくらいで黄緑色をしています。
毒液を注入するので、痛みは強いです。

マツカレハ
春から初夏に、松の木にいます。七センチ以上の大きさで、見ただけで痛い!
刺されるともっと痛く、太い針です。

翌日以降に症状がひどくなる事が多いのも特徴で、これはほぼ毒と言っても差し支えありません。

毛虫の種類、体質によっては水ぶくれや赤い発疹が全身に広がるなんてことも多く見られます。

特にチャドクガの幼虫は毒のアレルギー反応で症状が重くなることもあるので注意が必要です。

自ら触ることはないでしょうが、誤って触ってしまうこともあるでしょう。

もしも毛虫に触ってしまったらどうしよう?

まず衣服に毛虫がついた時は、衣服に毒針が残っていることがあります。

衣服に残った針がわかれば、しっかり取り除いておきます。
衣服を叩いて落とし、個別に数回洗濯を行ってください。

これを怠ると二次被害も考えられます。

さらに、毛虫に刺されたらすぐに皮膚にある毒針をセロハンテープやガムテープで取り除きます。
こちらも残っていると被害が拡大しますので、早めに対処しましょう。

この時、絶対に素手で毛虫や残ったなりに触らないこと!

取り除いたら患部を水で洗い流し、氷で冷やします。
刺されてから気がつくこともあるので痛みを感じたらすぐに処置しましょう!

冷やした後は抗生物質が入っているステロイド剤の軟膏を塗ります。
ここまでして、数日経ってもひどくなる時は迷わず病院へ行きます。

まとめ

庭の木に毛虫がつく場合は葉っぱの剪定や、毛虫が出にくい木に変える。もしくは毛虫が嫌いな成分のある散布剤など撒くなどしましょう。

木が植えられている場所には毛虫がいる可能性が高いので、刺されないような対策をしておきましょう。