鏡餅の飾りのゆずり葉の意味とは?裏白の使い方も調べてみた!

年末年始
スポンサーリンク

お正月の縁起物、鏡餅って小さくても毎年飾り付けますよね。

鏡餅はお正月のお供え物で、丸く平たい大小二つに重ねた餅のことです。日本ではお正月に各家庭で供えることが伝統になっているので、ご存知の方も多いでしょう。

しかし、飾りのゆずり葉の意味など詳しく知らないこともあるのではないでしょうか。

鏡餅の裏白やゆずり葉とはどんな植物?

鏡餅で使うお供えとしてどのようなものを思い浮かべますか?年中見かけるものではないので想像がつきにくいかもしれませんね。

代表的なお供えには、「裏白」や「ゆずり葉」があります。

裏白とは、お持ちの下に敷いてある緑の葉のことです。鏡餅には葉っぱが付いていること思い出すと想像がつくのではないでしょうか。

この裏白ですが、実際にはシダの葉のことを言います。葉の裏が白いことからその名の通り「裏白」と言うので覚えやすいと思います。

日本では神事の際に白を用いられることが多いのですが、由来は古来から白を「清めの色」としているからです。「清い」という言葉は潔白とよく似ているので、白は純粋だという意味もあるのかもしれないと考えます。

鏡餅は神様にお供えするものなので、裏白を使用することは適しているのです。あまり聞き慣れない名前ですが、縁起の良い意味があるのですね。

鏡餅ゆずり葉の意味

次にゆずり葉です。

ゆずり葉とは植物の葉っぱのことで、新しい芽が出てくるまで古い葉が落ちないと言われているようです。

そこから「親から子へ受け継ぐ」という意味を持ちます。親子の代替わりを葉に例えられているのでしょう。代々家系が続く意味になぞらえているので、お正月に飾るには縁起が良いですね。

筆者は今まで鏡餅の飾りの意味を知りませんでした。鏡餅は年中見るわけではないので、「みかんが乗っている」ことぐらいしかイメージが湧きませんでした。

しかしこうやって調べてみると、葉っぱにも縁起物の意味があることを知り、改めて鏡餅の文化を大切にしていこうと思います。

スポンサーリンク

日本では代々家族を大切にしており、家系の代替わりも一大行事として重要視されています。それは21世紀になった今でも変わりません。

鏡餅にも代替わりの意味があると知り、家族をより一層大切にしていこうと感じています。

鏡餅のお飾りの裏白やゆずり葉の使い方

ここまでは、裏白やゆずり葉がどんな植物かをご紹介させていただきました。これらはとりわけ珍しいものではなく、一般的に手軽に手に入るものなので揃えやすいと思います。

店では鏡餅と一緒にセットで売られていますね。そんな裏白やゆずり葉ですが、どのような使い方があるのでしょうか。

これらは鏡餅を飾る際に、餅の下に置くもの。実は鏡餅のセッティングにも決まった方法があるのでしっかり覚えておきましょう。

まず、入れ物の上に半紙を2枚垂らして置きます。次に裏白、ゆずり葉をその上に置きます。

その上に大小二つの丸餅を置き、てっぺんに橙を置くと完成です。手順さえ覚えてしまえば簡単なので、すぐにセッティングできそうですね。

ちなみに、地域によっては裏白のみでゆずり葉は使用しないところがあるようなので、慣習に従うと良いでしょう。

裏白やゆずり葉は、鏡餅に添える目的で使用されます。これがあると色合いも良いですよね。お正月に鏡餅を供える時には、裏白やゆずり葉に注目してみてください。

それと、上に乗せるのは「橙(だいだい)」といってミカンではありません。鏡餅の橙についてはこちらの記事に詳しく書きました。

鏡餅の橙、あの意味は?葉っぱや食べ方をキチンと知っていますか?
お正月に飾る「鏡餅」ですが、上に橙(だいだい)を乗せています。この橙にはとても大切な、縁起の良い意味が込められていたのです!お正月に知っておきたい知識、今回は鏡餅と橙の意味について解説しています。

まとめ

この記事では、「鏡餅の飾りの意味」をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか。

裏白には清め、ゆずり葉には代々家系を受け継ぐという意味があり、どちらも縁起が良いものです。日本では縁起を大切にしているので、鏡餅一つとっても意味を思い浮かべながら楽しみたいと思いました。

鏡餅の飾りの意味やそれに基づく日本文化についてご理解いただけたと思います!