歯医者の予約が取れない!痛いときの対処法と変える方がいい?

病院・医者
スポンサーリンク

歯が痛い!すぐに歯医者さんに診てもらいたい!そんな状況になったことはありませんか?
しかし電話してみると予約がいっぱいで診てもらえない。早くても明日になりますなんてこともざらにありますよね。

歯医者さんってどうしてこんなに予約が取りにくいんだろうと思ったことありませんか。それには歯医者さん特有の理由がちゃんとあるんです。

今回は歯医者の予約が取れないとき、どんな対処法があるのかお話したいと思います。

歯医者の予約が取れないけど痛いときは

現代は医学がとても進歩していますよね。

昔は歯が痛い!となっても歯医者に行けない。昔の人は痛みに耐えていたようです。痛いところに薬草を詰めてみたり、冷やしてみたり。とにかくなんの根拠もないような対症療法をしていたようです。

今は薬局に行けばすぐに痛み止めの薬が手に入りますよね。

歯医者の予約が取れないけど歯が痛い!となっても。とりあえずなんとか痛みを抑える手段はありますから、現代はとてもいい時代になりましたね。

市販の歯痛止めの薬も、いろんな種類が販売出ています。
歯医者さんに行って処方箋がないともらえなかったような痛み止めの薬が、今は薬局で売っている時代です。

痛み止めにも強さや部位別など、いろんな種類がありますので薬局で購入するときには、薬剤師さんか登録販売者さんに相談してみてくださいね。

かかりつけの予約が取れない!

予約が取れないとき別の歯医者に変えるのはダメ?!

自分の歯を診てもらうのは、信頼している歯医者さんがいいですよね。かかりつけの歯医者さんがいるのであれば、そちらに行くのが通常だと思います。

でも、急な痛みや症状の場合、予約が取れないこともありますよね。

特に1人体制で診療しているような歯医者さんだと、急患はなかなか受け入れてくれないものです。

基本的には予約優先ですし、大体1人の診療時間は処置があると20分から30分はかかってしまいますから、そのように枠を組んであると聞いたことがあります。

スポンサーリンク

急患を入れてしまうと予約した人を待たせることになってしまう・・・歯医者さんも悩むところだそうです。

そんな時、どうしても我慢できないような痛みであれば、別の歯医者さんを選択することもいいのではないでしょうか。

例えば、かかりつけの歯医者さんで治療継続中であったとしても、痛みへの対応は別の歯医者さんでもしてもらえると思いますよ。

セカンドオピニオンも必要?


少し話がずれるかもしれませんが、私の知り合いは歯科検診で親知らずが虫歯になっていることを見つけてもらいました。

その歯医者さんは「これは大きい病院に入院して抜かないと抜けないよ。角度があまりよくないから」と言われたそうです。

そのため紹介状をもらおうと近くの歯科医院に行ったところ、「うちでやれますよ。すぐできますよ」と言われてさくっと抜いてもらったそうです。歯医者さんによって、見解が違ったりすることもあるんですよね。

つまり、かかりつけの歯医者さんにこだわる必要はないんじゃないかと私は思います。

昔の人は律儀な人が多くて、ずっと通っているから先生に悪いとか情があるとかいろんなことを言ってなかなか医者を変えないものです。

それもいいとは思いますが、急な痛みのとき、痛みを取ってもらったほうが断然楽ですよね。かかりつけの歯医者を変える必要はないと思いますが、別の歯医者を利用することは問題ないと思いますよ。

歯医者を選ぶコツは?

別の歯医者を予約するとき、注意することは1人体制の歯医者を選択しないようにすることです。

間違いなく急な予約は取れない、取りにくいと思います。まあ人気がない歯医者は別ですが・・・。

歯医者さんの人数が多いところだと、急患枠を作ってあるところがあるので割りとすんなり予約できることもありますよ。

まとめ

いかがでしたか?歯が痛くても予約が取れないときには

・急患枠があるような歯医者さんを選択する
・とりあえず痛みを取るために薬を飲む

これで対処してみてはいかがでしょう。

まずは急に歯が痛くなる前に、自分が行けそうな場所にある歯医者さんをいくつかピックアップしておきましょうね。