楽しい景品ゲームはビンゴ以外にもあった!●●会の幹事さんにオススメ

エンタメ

あなたは、会社の宴会で幹事を頼まれており、みんなで楽しめるゲームを探していると思います。
忘年会や二次会では、ゲームで親睦を深めることが多いですよね。

そんな中、定番となるものがビンゴだと思います。

誰もがルールを知っていて、景品も用意しやすいので、幹事にとってはやりやすいと思いますが、どうせならビンゴ以外のゲームをやってみたいと思いませんか?

また、「ビンゴばっかりで飽きたよ」と社員に言われないためにも、今回は一工夫してみたいですよね。

そこで、この記事では「ビンゴ以外の楽しい景品ゲーム」をご紹介させていただきます。

記事を読んでいただければ、さらに楽しい宴会を企画することができると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

忘年会にもピッタリ!ビンゴの代わりとしても大人気のゲーム

幹事が頭を悩ませる宴会ナンバーワンといえば、年末の「忘年会」ではないでしょうか?

だいたいどこの企業でも忘年会は開かれるので、毎年工夫を凝らしたゲームを考えるのに苦戦しているのではないでしょうか。

それに加えて、「ビンゴ以外」と条件がついてしまうと、余計に困ってしまいますよね。しかし、ビンゴの代わりとしても大人気のゲームがあるので、以下でご紹介させていただきます。

1.王様ゲーム

最初にご紹介させていただくのは、ゲームの定番である「王様ゲーム「です。これはやったことがある人も多いと思います。

ざっくりルールを説明すると、くじで王様を決め、王様になった人が出す命令を絶対にやらなければならないというものです。

たとえば、「隣の人を褒める」や「初恋の人の名前を言う」など、様々な指示があると思います。社員同士で王様ゲームをやってみたら、盛り上がること間違いなしです。

2.後出しジャンケンゲーム

後出しジャンケンゲームは、その名の通り後出しジャンケンをして対戦者に負けるゲームです。

これは、幹事の準備が省けるので手間をかけたくない人にはおすすめです。人数が比較的大勢でも楽しめるので、かなり盛り上がります。

また、後出しジャンケンというのは意外と頭を使うゲームです。社内の中でも意外な人が優勝してしまうハプニングもあり得ますので、余計に盛り上がりが期待できます。

以上、忘年会で盛り上がるゲームを2つご紹介させていただきました。

どのゲームも手軽にできることがポイントです。

二次会の司会を頼まれた!ビンゴ以外のゲームを選ぶなら?


さて、楽しい宴会が終わり、待っているのは二次会です。

二次会となると、かなり出来上がっている人が目立つなど、一次会よりも更なる盛り上がりを要求されることが多いですよね。

ここで司会になったらさあ大変!

楽しさのハードルが上がってしまう二次会で、ビンゴ以外のイチオシのゲームをご紹介させていただきます。

1.この人誰?写真当てクイズ

手軽に楽しめるゲームとしては、「写真当てクイズ」があります。

これは、あらかじめ参加者の昔の写真(入社当時のものがおすすめ!)を用意して、この写真の人物が誰かを当ててもらうものです。

特に、現在の面影がない人の写真を撮る選ぶとかなり盛り上がります。また、普段はあまり関わる機会のない上司の昔の写真を選ぶと、話題が見つかって話が膨らむかもしれません。

幹事さんには写真を選ぶ下準備が必要になりますが、案外選ぶのも楽しいものです。

2.3文字しりとり

これは、3文字の言葉でしりとりを進めるゲームです。意外にも3文字の言葉を浮かべるのが難しいですが、失敗をしても盛り上がります。

なかには普段言えないような単語を言う人がいて、社員の新たな一面を発見できる場面も期待できるとか。

以上、二次会で盛り上がるゲームを2つご紹介させていただきました。

いずれも楽しめるゲームなので、ぜひやってみてください。

まとめ

この記事では、「ビンゴ以外の楽しい景品ゲーム」をご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

ビンゴ以外にも楽しくて盛り上がれるゲームがたくさんあるので、幹事になっても安心です!みんなを楽しませるゲームをぜひ行ってみてください!